琉球ブログ

一年ぶりの里帰り

一年ぶりに実家に帰ってきました。
たまには帰ってきなさいと母から連絡が入り…
次の週末を狙って沖縄の実家へ帰ってきちゃいました。

こんなに、急に帰ってくることができるのに、一年も帰らないなんて…
私もヒドイ娘だと少し反省しました。
そろそろ、しっかり親孝行しないといけないですね。

実家に帰ると…
なんだかんだ言っても、家族が喜んで迎えてくれるので嬉しいんです。

私の大好きな母の手料理もたくさん食べさせてもらいました。
ショッピングにも一緒に連れて行ってくれました。
そして、実家にいた頃は欲しい物があっても、お小遣いで買いなさいと言われ続けていたのに…
私が沖縄を離れてからは、欲しい物があればなんでも言いなさいと、いろいろと買ってくれるようになりました。

改めて、しっかり親孝行計画を実行していかなきゃいけないと実感した里帰りでした。

No Comments »

私のお気に入りの場所

美ら海水族館の前の、ジンベイザメの大きな模型…というか、オブジェというのか…。
私はあれが大好きで、何回か沖縄旅行に行くたびに、毎回美ら海水族館に行っては、そこで写真を撮ってしまいます。
毎回一緒に行く人が違うのが幸いですが、その写真を毎回見せられる両親は、「なんでいつもおなじところにいって、同じ場所で写真を撮ってくれのか…」と呆れ半分で不思議がっています。季節によって形が変わるとか、オブジェが成長するとかでもないだろうに…と。
なんとなく、私も習慣のようになってしまっているだけですが、それでもあの場所がとても好きなのです。なんてなく、また沖縄に来たんだなーという実感が持てるのです。海洋博公園の中は、そんな場所でいっぱいです。

No Comments »

一個じゃあ足りない!

夫が会社からお菓子を1個持ち帰ってきた。紅芋タルトとある。同僚の誰かが夏休みに沖縄旅行した時の土産として配られたらしい。そういえば、会社の給湯室には各地のお土産の箱がよく積まれていたよなぁ。

1個だけなので、子供には見せずについ隠してしまった。お菓子自体が小さいから母と子で分けたらほんのちょっとになってしまう。家族が寝静まってから母一人で食べることにしよう。ごめんよ、こどもたち。

片付けの済んだキッチンでこっそり包みを開けてみた。お菓子のクリームにしては濃い紫色にちょっとビックリ。でもこれが紅芋なのねと口にポンっと放り込んだら、おいし~い!クリームもほんのり甘いし、タルトのサクサク感は土産物のレベルを超えている!とてもじゃないが、1個じゃ足りない美味しさであった。
しかし沖縄で贅沢旅行をしてしまった私としてはお土産に書けるお金が全然なかったのも事実…。

安くて量の多い沖縄のお土産があればいいのですが…。

No Comments »

一つ終わることができた

このあと沖縄の海にずっといたらきっと寒くなっていくでしょ、ここ数年ずっとそんな感じだからもう沖縄から離れたほうがいいのではと最近思うようになりました。
明らかに人も減っていっている、今日も1人沖縄から全然違うところへ行ってしまった人がいるくらいだ。

こんなところも今はあり得ないし、沖縄の人が買ってくれたこの思いでももうだいぶ薄くなって来て悲しい気持ちさえ出てくるようになりました。
もう沖縄とは思えない見た目になっていて誰も気づかないままこのまま終わってしまうのかななんて想像してしまって、でももしここにあの場面が表されるのならまた沖縄としてくるのもありかなって。

ほらだんだん暗くなってきたこの沖縄ももう少しで、だけど忘れる人なんていないことは覚えていてほしいね。

No Comments »

もう使ってしまったよ

沖縄に関して面白いものを作ってくれた人がいるんです、それが最初は不評だったのがその反応が出たときに一気にやる気が出ちゃったんだとか。
今回はこれだけで終わりだけど次から何が始まるのか楽しみですし、このときにも是非沖縄で直接聞いてみたいと思いますね。

いつになったら作り始めたらいいのか知らないけどやっぱり思ったより遅いのがわかるから、ここは自分で作ってもらって。
何気に1人でやるのは今回が始めててでも今までやってきたのを考えればたぶん簡単に終わることができると自信もありますよね。

沖縄で始めたここの店はどんどん盛り上がっていてこっちから出た人も楽しいし、このギャップもいいって聞いたよ。
この流れがいい差をつけているんでしょうね、これもあとで探しておきたい。

No Comments »

ただ光っていたもの

場所はどこだったか分かりますか、こんなに広いところだけどたぶんきっと来たことがあるはず。
少し思い出してきませんかこの沖縄のまぶしさ、まだ日ものぼっていないのに今度は上から光が来るこの気持ちよさ。

さてここから沖縄の太陽が見えるからしばらく見てみてもいいかも、そしてそれに反射したものに飛び込むときっと宝物も見えると思いますよ。
そうしてやってみたいのはわかったけど自分にはそれにあう力がなかったのではないかと、ちょっと触っただけでもう疲れてしまって。

なんのために遊びに行ったのかもわからないし、そういうのが好きではないからきっと勝手に遊べばいいのかなって。
沖縄だからそんなことはないと思ってたのは間違いで初めての痛さを沖縄のまぶしさにずっと感じていました。

No Comments »

ジンベイザメダイビングツアー

沖縄に旅行に行くので、ダイビングかシュノーケリングに挑戦してみたいと思い、ネットで色々調べていたら、「ジンベイザメツアー」というものを発見しました。
他のコースよりはじゃっかん値段設定が高めですが、特に目玉が飛び出るような…というわけでもありません。充分手が届く、ちょっと贅沢なプラン程度だと思います。
さて、これは本当に、野生のジンベイザメがいるところに潜れるということなんでしょうか…。
美ら海水族館でジンベイザメを見たことがありますが、あれがそう簡単に素人が潜れるような場所にいるとも思えないのですが…。
しかし、プールなどでシュノーケリングやダイビング…というのもなかなか想像がつきません。これは参加してみるしかないんでしょうか?

No Comments »

ゴリさんのまつげはつけま?

つるかめ助産院最終回、
ぼろぼろ泣いてしまいました。
おばあのもとに帰ってきたゴリさん。
(ゴリさんが帰ってきたんじゃないんだけどね。
役名すぐ忘れちゃう。。)

感動の再会。泣いちゃうよ~。あったかいよ~。
そしてゴリさんの鼻の高さに目が行く私(笑)
意外と高いのね。素敵ゴリさん。そして「つけま」を
つけているような気がするゴリさん。

ニューハーフの役だからね~。
仕方ないか。(なにが)
さらに、賀来千香子さんがいい声な件。

素敵だよね。憧れの声の
女優さんのひとりです。

助産師って、すごい仕事ですよね。
でも、産む本人を支える役。
助ける役。みんなみんな、すごいね。
みんながひとりひとり個性を持って生まれ、
それぞれの役目を果たしていると思うと感慨深いです。

やー、見てよかったなあ。久々に
こんなに感動するドラマを見ました。
沖縄ってあったかい。

No Comments »

おぶってもらったあの日

沖縄のシンガー、
jimamaさんの
「でいご」のPVで孫がおじいちゃんに
おんぶされているシーンをみて、
おじいちゃんのことを思い出しました。

おじいちゃんのこと、
ほとんど何も知らない。
小学生の時に亡くなってしまったので、
本当に記憶が薄いですけど、
おんぶしてもらったのは本当に覚えています。
昨日のことのように。

あの時はわたしは
いくつだったんだっけなー。
まだ3歳?5歳くらいかなあ。
どんなに短くても、
おじいちゃんと過ごせたことは嬉しいですね。
おじいちゃんが生まれた時からいない方も
いるかもしれないから。
私は少しでもおじいちゃんと過ごせたんだ。
ありがとう。

今でもだーいすきな、
決して忘れることのないおじいちゃんです。
自慢の、大切なおじいちゃん。

No Comments »

旅行の計画をたてているだけで

バスツアーで沖縄を満喫しよう!とおもって、色々なバスで行く沖縄旅行を計画しています。どれもツアー内容を見ると、半日コースが殆ど。ってことは、一日どこか一か所めぐりという事になるんですよね。

首里城もみたいし、美ら海水族館も行きたいし、ってやっていると、最低でも一週間は滞在したい気分!

海もいいけど、沖縄独特の、観光名所は外せないですよね。
マングローブ見に行ったりも、その土地でしか体験できない感じですし。

島の周りを、グルグルっとめぐるだけでも、相当の時間がかかりそうです。
個人的にはビオスの丘、気になってます。
亜熱帯植物が沢山あり、子供も遊べるようになっている場所もあるとか。遊覧船みたいなのも動いているみたいですしね。

日本にいて海外っぽいイメージがある沖縄。楽しみです。

No Comments »